スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君の名は

映画の告知ではありません。

たまたま、今漫画で行き詰まっているところがその世界での様々な名称に
ついてのことだったので、こんなタイトルになりました。

前置きはこんな?そんな?ところで

以前友人が名前なんか何でもいいと言っていたことがあります。

本心なのかそうでないのかは兎も角

映画トレマーズの中でもその話題はあります。
劇中では名前が大切だと言っていたオジサンは死んでしまうのですが、
冗談めかしたシーンの割には、グラボイスという化け物の名前は
なかなかに考えられていると思うのです。

僕は名前ってすごく大切だと思うのです。
そこには、多かれ少なかれ名付け親の意思や思いがあると思うからです。

そして、残念な事に最初に与えられる命令文でもあるわけです。

まぁ、人の姓名についての名前の話は、今回の話とは別件ですので

本題ですが、

作品としてのネーミングはすごく重要だということです。


僕の作品の中にドローンという名称が出てきますが、
これは、今はやりのクアッドコプターやラジコンヘリではなく。

自立制御機械の総称として使っています。

奇しくもこの作品を描き出した頃に、クアッドコプターが売り出され
猫も杓子もドローンドローン言ってて、間違いを指摘されているかのようで
悲しい気持ちになります。



自立制御されているもの、個別で動くもの、個人、
アローン、にアンドロイドかけてのドローンという事で
ブレードランナーの作中から影響を受けたり、
髭鉢巻きの作中から影響受けたり、
造語のつもりがうっかり被ってたので間違いではないのですよ。

そもそも、自立制御ないし操縦型でも軍事用の無人機を指す言葉
だと思うのですが、様々な文献では小型航空機となってます。

ミツバチからドローンと来ているらしく、あぁそうなのねといった感じです。

ううむ、SFってこういうところ突っ込んでくる人多いから面倒くさい。

ここで、造語という言葉の不思議なところは、
ロボットもアンドロイドもAIも、SF作家達が生み出した造語で
それが当たり前となって今も使われているだけで
言葉の意味自体変質していくので、造語が造語じゃなくなるという

でも、ドローンはもうなんか違う感じだよなw

と押されているげんじょうです。お恥ずかしい。


さて、ドローンは兎も角
人造人間を指す言葉として、ホムンクルスやアンドロイドといった
ポピュラーなものがありますが、おじさん大好きFSSでのファティマや
前述の電気羊のレプリカント、髭鉢巻きところのスナッチャー

一回聞いて何じゃそりゃと不思議に思う名前こそ、SFのキモになってくるのですが

ガンダム観てても、MS(モビルスーツ)といういわゆるロボットが出てきますが
最初聞いたらなんじゃそりゃってなりますよね?
それこそが、キモなのです。

意味の分からないことを人は理解したくなります。それがその異世界の入り口に
なってくれる訳です。

だから御大は、毎度毎度理解に苦しむ名前を付けて、それこそがその世界を
作り上げていく訳です。

模倣でいいなら、有体な名前で良いのですが
作家はそれを良しとしない偏屈が多いのも事実です。

それにしても、ブレードランナーのレプリカントを超えるネーミングが
なかなかに思いつかない。優れた名前と言えます。

今でも平気でレプリカントの名前を関した作品が多く見られる。
レプリカ(模造品)からくる、まがい物、人間とは違う何か

何より、言葉としての響きがかっこいい!!!

これはすごく重要なことなのですよ。

まぁ、本格SF目指してないので、そんなに拘ってないのですが
劇中でカコイイな~と自惚れられるような中二臭い名前
考えたいと思ってる次第です。

あと、自立兵器の総称も考えないとな~もうドローンでよくね?
考えたのに被っちまったよ、よくね?

ねぇ?
スポンサーサイト

超お久しぶりです。

印刷そろそろするか~とかほざいてから一か月余りが過ぎた。


おはようございます、そして、お久しぶりでございます。
一年戦争の膠着状態のような現状については、
ご期待いただいてる方々には申し開き様が、、、ございます。
GEKKOss.jpg
申し開きを行う前に、まずこんなもの発掘したのでご覧いただきたい。
俗にいう「現在公開可能な情報」的なやつです。

まぁ、ていうか、本人も描いたこと忘れてる奴だったわけですが
名前も髭鉢巻のオッサンのアレ的な感じで、変更すること請け合いですね。

何の情報もなしにブログだけ更新するわけにもアレだったので
アレしておいて皆様のご機嫌を伺おう的なことです。

前回更新の小説は気が向いたらまた書こうと思いますが、
な~んにもやる気の起きなかった日に、文字だけでもなんかしよう
と思い唐突に書き出したので、そのとき思っていた物語も兎も角
どうせ訳分からない方向に走り出すと思うので、勝手に憶測しておいて下さい。

さて、漫画の印刷に二の足を踏んでいる現状に
申し開きがあるとすれば、
それは、レギュレーションに悩んでいるからであります。

マインドロゴス1話は一応データ配信版あげてんすけど、
その場のノリで描いているだけに2話3話と
エグイ部分エロイ部分が過剰になってきておりまして、
全年齢はとっくにオーバーしてる訳であります。

これが商業誌なら、ヤング誌なるとってもグレーな素敵媒体があるのですが
同人誌ともなると、R15だ18禁だとややこしくなってくるのです。

怒られたら変えれば良いか~とか、いっそ18禁にして、、、
あれこれ考えてたらアレヨアレヨと月日は流れ

膠着状態になった。

どうしたらいいんでしょうな~まぁ、適当に刷ってみっか~(金も無い)
プロフィール

南瓜です。

Author:南瓜です。
超弩級一般人 南瓜の愚痴吐き泥畑です。
基本的に下らない事ばかり言ってますので。
不快に思うなら読まなければいいと思います。
シャア少佐も言ってました。
「当たらなければどうと言う事はない」
先人の教えも知らない人のことを
ゆとりと言うらしいですよ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。