スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行くべき道を違えた男 1

全てにとっての正義はなく
悪の中から正義は灯る

理不尽と蛮行は今日も道を暗く照らす

その中にあって男は遠く窓に揺れる陰に
遠矢を射った。

風を切る音に振り向いた男の喉元に突き立つ矢
男は手を伸ばしたが、呼吸が乱れたのか痛みに気を失ったのか
伸ばした手は矢を掴むことなくその場に倒れこむ。

見張り台の火は消えることなく次の番兵が来る時間まで
間もなく呼気を失う男を照らし続けるのだろう。


見張り台から南方の森、樹上の男は弓を肩に背負うと
一時の時間を稼いだことだけに満足をしていた。
番兵の命が夜の闇にその光を吸い上げられたことに
興味はなかったのだ。

雪深い山奥で、谷を挟んで向かい側の野兎を射るのと
何が違うのか?
彼の認識はその程度のものだったのだろう。

生業としての、弓矢の腕を金貨二枚で買われた。
それだけの事なのだ。


程なくして、城砦は炎に包まれるだろう。
だが、そのころに彼は遠く隠れ家にて、
暖かいスープを飲んでいるのだ。

次の書状が届くまで
そんな事が何度となく繰り返される。

男はそう思い込んでいたのだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

南瓜です。

Author:南瓜です。
超弩級一般人 南瓜の愚痴吐き泥畑です。
基本的に下らない事ばかり言ってますので。
不快に思うなら読まなければいいと思います。
シャア少佐も言ってました。
「当たらなければどうと言う事はない」
先人の教えも知らない人のことを
ゆとりと言うらしいですよ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。