スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲームってなんだっけ

スマホ もう最近では当たり前のツールとして浸透してきました。
老若男女問わずどこでもお手軽にブラウジングの出来る天下の発明品

ブラックベリー(だったっけ?)だのW-ZERO3だのパームだの

天下のアイフォン様が出るまでは、大仰なキーボードの付いたり付いてなかったり
様々はハンドヘルドPCがデジタルガジェットマニアを喜ばせてくれていました。

かくいう私めもW-ZERO3で音楽再生ができないだの、フリーツール漁って動画再生を
試してみたり、きっとみんな忘れてるけどミニSDなんてのでデータの保管を楽しんだり
していたものです。


さて、今回ゲームって何だっけと話題振っておいてスマホの
ご先祖様達にご登場願ったのは、シリーズ通して遊んでいるメトロイド
個人リメイク作品AM2Rを遊ばせていただいたのです。

個人的な感想ではありますが、面白かったです。

内容には触れません。まだデモ版でありながらGB版のメトロイド2をやった私には
ニヤニヤさせられる以上の事があったとだけ書かせていただきます。



スマホの登場によりコミニュケーション機能の付与されたゲームや
過去のライブラリにモノを言わせ、似たようなソーシャルゲーが流行っている昨今
ではありますが、ゲームの面白さとはかけ離れたところにゲームの必要性を
求める傾向があると常々思うわけであります。



ゲームは古くからはボードゲームやトランプといった対戦形式のものであった
訳ですが、コンピューターゲームが時代を席巻するようになってからは
多岐にわたるジャンルが確立されました。

音楽がリズム メロディ ハーモニーで出来ている単なる音の集合体から
クラシックからジャズ、ブルース、テクノ、ポップスと様々なジャンルに分かれたのと
同じです。

それは音楽機材の進化とともにあったように、
ゲームも同じくシューティング アクション RPG シュミレーションと様々な
ジャンルを確立していきました。

現在はスマホという何でもありの小型パソコンに優秀なインターフェイスの
発明によってゲームのスタイルが大きく変わりました。

今更白黒の初代ゲームボーイはさすがに目に辛すぎます。
画面応答速度の遅さによってまともにアクションゲームが出来ないことも
多々見受けられます。
それでも当時は夢中になってマリオランドやってたわけですがww


確かに、いわゆるソーシャルゲーは現代を生きる若者にとって、
友達との憩いの場であり、それが会社に利益をもたらすことも重々承知の上
時代の流れに置いてかれた老人がボケながら過去を思い出している
程度の認識で聞き流してくれれば幸いですが、

友達と競い合うためにゲームしている人間もいれば
コミュニケーション能力の欠如ないし低い人間たちの暇つぶしのためにも
ゲームはあるのだということです。

縁側で一人詰将棋を黙々とする老人 アレです。

仲間でワイワイするのもゲームですが、
一人でモクモクするのもゲームなのです。

それはスポーツにも言えることで
団体競技以外にも個人競技と呼ばれるものもあり

対戦形式ではなく個人の秀でたるをはかる競技というものがあります。

端的にいうとレースです。
けん玉でもいいでしょう。

かっこよく言うと敵は過去の自分自身だ みたいなアレです。


まー此処まで前置きで本当に申し訳ないが


他社との競争を煽り、もはや現代では強迫観念までもって
どこもかしこもソーシャルソーシャル言ってますが

一人黙々バウンティハントしながら、巨悪に挑むサムス・アランに敬礼!

今回はまったくもって自分の過去
コミュニケーション能力の低かった時代をかえりみて
(今も決してコミュニケーション能力高くないんですけどね)

一人黙々潜れる世界があったって良いじゃないと思えたのでした。

漫画家であったりミュージシャンであったり
その他特化型の人間が
何故他者と比べそれに秀でることが出来たのか

恥ずかしくもなく言うが ハブられたからだよ!!!!
今更なかよ~しとか言ってんじゃねぇ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

イメージだけが先行して、痛い思いをする人間が
過去に苦しいことがあってそこから逃げるように趣味に没頭した
少なくとも俺はそう。

また人より秀でた事で今更のように取立たされ
テンパってテンパって首くくるような事がないように願います。

克服できる事と 克服したくもないことがあります。

いじめてるつもりがないと思うのは結構。
その解釈は本人にしかできないことではありますから、
趣味の違う人間に自分の趣味を強要して
仲間に入れてあげようと思っただの幼稚な正義感持ってるやつは
早く大人になろうね~~★

そんな世の中の鼻つまみ者たちこそが
現代の憩いの時間や場を提供しているということを
今一度思いかえして、人の違いを理解して優しくなれれば
イイネ!


つうか、

パズドラ ツムツム おもしー!!!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

南瓜です。

Author:南瓜です。
超弩級一般人 南瓜の愚痴吐き泥畑です。
基本的に下らない事ばかり言ってますので。
不快に思うなら読まなければいいと思います。
シャア少佐も言ってました。
「当たらなければどうと言う事はない」
先人の教えも知らない人のことを
ゆとりと言うらしいですよ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。